会期 : 平成30年2月17日(土)

会場 : 高知会館

高知県高知市本町5-6-42 / TEL : 088-823-7123

主催 : 四国老人福祉学会

開催趣旨

第37回四国老人福祉学会の開催に当たってご挨拶申し上げます。

 

時下、益々ご清栄の事と、お慶び申し上げます。

 さて、この度、四国の高齢者の諸問題に関する研究と実践を推進し、会員相互の連携と親睦を図る事により、地域に根差した高齢者福祉の向上に寄与する事を目的として、「地域まるごと~これからの共生社会を考える~」をメインテーマに、第37回大会を、土佐の高知で開催する運びとなりました。ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ご参加賜ります様に、お願い申し上げます。

今回、高知大学特任教授の黒笹慈幾先生に「釣りバカ浜ちゃん、日本語の通じる外国・高知に暮らす」と、四国霊場第31番札所・竹林寺住職の海老塚和秀先生に「この世は、みんなの花を咲かせに来たところ」の2つの特別講演をお願いしております。

毎日、要介護の方々の介護に、朝から晩まで奔走されておられる皆様には、充分介護のテクニックや制度については、ご理解されている事と思い、今回は、二題共、この高知大会のメインテーマに相応しい“人間としての温かい心”に触れられる講演としています。

 皆様の将来の姿でもある、介護される方々に、そっと寄り添える気持ちになるための一助になればと、考えています。きっと、心に沁みる素晴らしいお話が拝聴できるものと確信していますので、皆様、奮ってご参加されます様に、心から祈っております。

 

第37回 四国老人福祉学会 大会長

細木 秀美 (社会医療法人 仁生会 細木病院グループ理事長)